記事一覧

2017年ワールド・ミュージック・ベスト・アルバム〈新録部門〉【第3位】

第3位 Hiba Tawaji 『30』 レバノン 中東レバノン出身。アラブ歌謡の女王フェイルーズの流れを汲む歌姫ヒバ・タワジ、30歳を記念しての30曲入りダブル・アルバム。全編聞き通すと132分も要する大作ですが、土日の明治村経由、犬山城折り返しの25km走にはちょうどいい尺なので、夏から秋にかけて、走りながらよく聞いたものです。プロデュースは、ヒバの才能を見出し20歳の時からベッタリ指導してきた作編曲家でピアニストのウ...

続きを読む

祝!アラブ歌謡の女神フェイルーズ、82歳の新作発表 - 円熟期のアルバムを聞き直す【4】

(4) 『Mich Kayen Hayk Tkoun』 1999年98年、フェイルーズは、60、70年代、彼女のホームグラウンドだったレバノンのバールベック音楽祭に25年ぶりに出演したのを機に、国内外でさかんにコンサート活動をおこなうようになります。こうして、企画盤『アッシに捧ぐ』を除けば、『Kifak Inta』以来、8年ぶりとなるスタジオ録音アルバムが発売されました。私は21世紀になってジャケ違いの再発盤を買ったので、写真はオリジナル盤とは違...

続きを読む

祝!アラブ歌謡の女神フェイルーズ、82歳の新作発表 - 円熟期のアルバムを聞き直す【3】

息子ジアード・ラハバーニーがプロデュースしたフェイルーズのアルバムは、ほかにもたくさん出ています。全アルバムを紹介することは私の手に余るので、以下では私が持っている主要なCDについて紹介します。(1) 『At The Royal Festival Hall London』1989年92年にオルターポップから『ライヴ・イン・ロンドン』のタイトルで国内発売。日本語解説には83年録音とありますが実際は86年録音のようです。クレジットにはジアード作品...

続きを読む

祝!アラブ歌謡の女神フェイルーズ、82歳の新作発表 - 円熟期のアルバムを聞き直す【2】

『愛しきベイルート 』Maarifti Feekジアード・ラハバーニーは、73年、17歳でフェイルーズのヒット曲をアレンジしたインストゥルメンタル・アルバムでデビューしました。なんという早熟ぶりでしょう。『A Rahabani Festival - The Instrumental Hits of Fairuz』より現在はアラブ音楽界の重鎮として、伝統音楽、ジャズ、ポップス、オペラ、映画音楽など、ジャンルをまたいで活動しています。ジアードの名まえは、89年にオルターポ...

続きを読む

祝!アラブ歌謡の女神フェイルーズ、82歳の新作発表 - 円熟期のアルバムを聞き直す【1】

35年、地中海に面した中東の国レバノンの出身。49年に14歳でデビューしてから長く第一線で活躍してきたアラブ歌謡の女神フェイルーズ Fairuz 。(※)アラブ歌謡の中心地エジプトでは〝ファイルーズ〟と発音されるそうですが、レバノンでは〝フェイルーズ〟と呼ばれているのでそれに従います。この9月末に、82歳にして通算100枚目の新作『Bebalee』が(しかもブルーノートから)発売されると知り、いても立ってもいられず、この文...

続きを読む

プロフィール

tpokjazz

Author:tpokjazz
月平均走行距離200〜300kmの早朝型フォアフット・ランナー。好きな音楽は、ワールド・ミュージック、ロック、ジャズ、ソウル、ファンク、Jポップなど、ディープでコアな音楽全般。

最新コメント