FC2ブログ

記事一覧

幻のニューリズム「恋のチュンガ」ー ペレス・プラード / 小林旭 / HIS【4】

さて、ペレス・プラードの「テレシータ・ラ・チュンガ」は、トライアングルやコンガなどのパーカッションのゆったりしたリズムに乗せて、オルガンが歯切れのよいスタッカートを刻み、そこに厚みのあるブラスがかぶさり主旋律を奏でます。歌といってもシンプルな男女コーラスのリフレインがわずかに入るのみで、雰囲気はチャチャチャに近いミディアム・テンポのチャーミングなインスト曲です。ペレス・プラード楽団「テレシータ・ラ...

続きを読む

幻のニューリズム「恋のチュンガ」ー ペレス・プラード / 小林旭 / HIS【3】

じつは、私は小林旭ヴァージョンより早く聞いていました。それは92年末にラテン音楽評論家の竹村淳の監修でBMGビクターから限定発売された10CD+ボーナスの豪華ボックス『ザ・マンボ・キング〜ペレス・プラード栄光の奇跡』に入っていたからです。より正確には、CDではたぶん、そのボックス・セットにしか入っていませんでした。『ザ・マンボ・キング〜ペレス・プラード栄光の奇跡』当時、私は定価19,500円もするボックス・...

続きを読む

幻のニューリズム「恋のチュンガ」ー ペレス・プラード / 小林旭 / HIS【2】

バブル崩壊直後の91年7月、細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美、それぞれのイニシャルを取った異色のユニットHISがアルバム『日本の人』を発表しました。HIS『日本の人』坂本冬美のチャーミングなコブシ回しを生かした、昭和歌謡調、音頭調、C調でありながら、ワールド・ミュージック、ブルース、フォーク、ロック、テクノなどの要素がふんだんに盛り込まれたアクースティック系サウンドは、肩の力が抜けていて、バブルに疲れ果てた...

続きを読む

幻のニューリズム「恋のチュンガ」ー ペレス・プラード / 小林旭 / HIS【1】

ペレス・プラード(Damaso Perez Prado)といえば、なんといっても「ウーッ!」のマンボですが、マンボ・ブームが一段落した58年以降もロカンボ(Rockambo)、チュンガ(Chunga)、ボンゴソン(Bongoson)、デンゲ(Dengue)といったニュー・リズムを次々と打ち出したことはあまり知られていません。 ロカンボとは、マンボとロックンロールを融合させたもので、ペレス・プラードのオルガンをフィーチャーした58年発売の「パトリシ...

続きを読む

デコちゃんからカルメン・ミランダへ

中部大学人文科学部コミュニケーション学科教授で日本文化研究を専攻する小川順子さんを講師に招いた市民講座『日本映画を読む・楽しむ〜劇映画を中心に』に行ってきました。この講座で木下惠介監督による日本初のカラー映画『カルメン故郷に帰る』の一場面が動画で示されました。高峰秀子扮するストリッパー嬢リリィ・カルメンが雄大な浅間山をバックに軽井沢の高原で自由奔放に踊る有名なシーンです。〝カルメン〟はビゼーのオペ...

続きを読む

プロフィール

tpokjazz

Author:tpokjazz
50歳から走り始め、月平均走行距離200〜300kmの早朝型フォアフット・ランナー。フル・ベスト3時間33分09秒。最近はウルトラ・マラソンにはまっています。介護施設の管理者のかたわら、音楽ライターとして『ミュージック・マガジン』と『レコード・コレクターズ』でワールド・ミュージックを中心に執筆。郷土史家みたいなこともやっています。